泣ける話。感動する話。号泣集。 忍者ブログ

カテゴリー
最新トラックバック
カウンター
最新コメント
[01/24 あ]
[12/07 ゆゆ]
[05/08 あんちゃん]
バーコード
涙を流す事はストレスを発散させます。 みなさん良い涙を沢山流して下さい。 泣ける話を集めてみました。 さぁ、どうぞ。
かぁちゃん頑張っています。
[217] [216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207]

2019/12/13 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泣ける話

2011/06/02 (Thu)
僕は高校を卒業し救急箱のセールスをする。
好きで選んだ仕事ではなく不況で就職難と言う事もあり・・・
僕は人見知りもあり、なかなか仕事に馴染めず、ノルマをこなせずいた。
そんな頃、新規契約を集めに出て一人のお婆ちゃんと知り合う。
お婆ちゃんは別契約があるにも関わらず、僕と契約してくれた。
僕は、これを期にお婆ちゃんと月に一度会う。
と言っても、お婆ちゃんは一人暮らし薬など減る事もなく・・・ただの茶のみ友達となる。
毎月10日に行くと、お婆さんは満面の笑みで僕を迎えてくれる。
お婆さんは薬箱そっちのけで、饅頭に羊羹・・・
お昼時なら、ご飯までご馳走してくれた。
お婆さんは僕を孫にダブらせ・・・
僕は、お婆さんを自分の祖母のように感じ・・・
そんな関係も三年を過ぎ・・・お婆ちゃんが日増しに老いてゆく
僕は、そんなお婆さんを安じ家族に連絡するよう進めた・・・
しかし何ヶ月過ぎても一人暮らしは続いてた。
僕は出来る限りで、月1を月3に訪れる。
お婆ちゃん「今度は20日に来るね・・・」
僕が20日に来て見ると、お婆ちゃんはコタツに座椅子・・・、ほんのりと温かみを残し・・・
ちょっと遅かった・・・?待ちきれなかった・・・?もっと一緒に話したかったな。
茶のみ契約も今日で終わりだね。
おばあちゃん。

拍手[0回]

PR
泣ける話
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
泣き疲れた人はこちら
忍者ブログ[PR]