泣ける話。感動する話。号泣集。 忍者ブログ

カテゴリー
最新トラックバック
カウンター
最新コメント
[01/24 あ]
[12/07 ゆゆ]
[05/08 あんちゃん]
バーコード
涙を流す事はストレスを発散させます。 みなさん良い涙を沢山流して下さい。 泣ける話を集めてみました。 さぁ、どうぞ。
かぁちゃん頑張っています。
[294] [293] [292] [291] [290] [289] [288] [287] [286] [285] [284]

2019/12/16 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泣ける話

2011/10/03 (Mon)
私のお母さんは、私が小さい頃に亡くなった。
あれは・・・私が12歳の冬だった・・。お母さんは東京で離婚をした。
そして、冬に母の実家で暮らすことになった。実家は島根の東京とは大違いの田舎。
田舎に来てから村の人達に【お母さん離婚したんやってね・・・子供が可哀想だわ・・】と言われた。
私はすごくショックだった。
そう落ち込んでる時に、男の子が現れた。
それは、羽山という男の子。わたしは、まだこの時は思わなかった・・・この人に恋をするなんて・・。
家に帰りお母さんにその事を話した。だから私は、お母さんに【お母さんも頑張って!】と言ってしまった・・。
お母さんは【うん・・・。】とだけ答えた。それから私は、よく羽山と遊ぶようになった。
そして、家に帰ったら、お母さんが倒れていた。
私はなにがどうなっているかまったく分からず、おばあちゃんに聞いた。
【お母さんどうしたの!?大丈夫なの!?】っと。
お婆ちゃんは【大丈夫だよ。ちょっと疲れてただけ】っと言った。
医者にも見てもらい、私は先生に【お母さん大丈夫だよね?】と聞いた。
先生は【大丈夫だよ。】と言った。私はほっとした。だけど、先生に、【・・・お母さんに頑張れって言ったらあかんよ。】と言われた。
この一言で、私が悪いんだと思い・・。羽山の家に行った。
羽山は静かにただ頷いてくれていた。そして家を出ようとした時だった、【大丈夫。お前のせいぢゃない。俺がずっと一緒にいてやる。】と言った。
私は嬉しくて嬉しくて、涙が出た。
その時だった、お婆ちゃんの家にお母さんはいなかった。
お婆ちゃんが言うには、さっき少し散歩してくると言って家を出ていったらしい。
私はお母さんを待った。だけどお母さんが戻ってはこなく、次の日の朝に、山頂で亡くなって見つかった。
私は、お父さんもお母さんもいなくなって・・・もうどうしようもなかった。
それから私は、1週間ぐらい部屋からも出なく、ずっと布団の中で泣いていた。
でも・・その心配をしてくれたのも羽山だった。毎日毎日家の来てくれて、すごく嬉しかった。
そして私は、久しぶりに外に出て、羽山の家に行った。やっぱり、こんなに好きな人でも、自分のお母さんにはかなわないんだなと、私は思った。

拍手[3回]

PR
泣ける話
砂時計っていう漫画のパクり。最低なことはしないで下さい。
2013/01/03(Thu)06:37:43 編集

ゆさんと同意見!すぐ砂時計だと思った
2015/01/24(Sat)03:12:20 編集

この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
泣き疲れた人はこちら
忍者ブログ[PR]