泣ける話。感動する話。号泣集。 忍者ブログ

カテゴリー
最新トラックバック
カウンター
最新コメント
[01/24 あ]
[12/07 ゆゆ]
[05/08 あんちゃん]
バーコード
涙を流す事はストレスを発散させます。 みなさん良い涙を沢山流して下さい。 泣ける話を集めてみました。 さぁ、どうぞ。
かぁちゃん頑張っています。
[291] [290] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282] [281]

2019/12/13 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泣ける話

2011/09/28 (Wed)
今更「ごめんなさい」なんて、言えないけど、本当にそういいたい。
私はあの日、母に凄いことを言ってしまった。勉強の事でうるさい母は、私の中間テストの結果で言った。167人中15番の結果を見て。
私は悪くは無いと思う。
母は、「もう少し頑張ってみて」
と、何気なく言ってくれたんだ。
今考えると、その時、「うん。頑張る」
その言葉がなぜいえなかったんだろう。と、いまでも悔やんでいる。あの日、とてもイライラしていた私は、母に
「そういうのウザイんだけど。頑張れ、頑張れ、とか口先だけじゃん。100回ぐらい聞いたし。」
と言ってしまった。その時見せた母の顔は、忘れられない。母は、何も言わず、部屋に戻った。私も、自分の部屋に戻った。
母の部屋の一つ奥にあるので、母の部屋の前を通ることになる。少しずつ近づいていき、母の部屋の前を通るその時、
母の小高い声が、ドア越しに聞こえた。耳をすましてみると、母は泣いていた。
私は、パニックになり、どうして良いのか分からなかった。その日は、そのまま部屋に戻り、私は寝た。
朝、母に謝ろうと思い、部屋にいった。母の姿が無い。買い物かな。と思い、帰りを待つことにした。
その時、電話が鳴った。私は、友達かな?と思い、電話に出た。すると父が、「母さんが死んだ」
やつれた声だった。私は、何も言う事が出来なかった。
後から聞く話によると、母は、私に「頑張れ」って言わなくて良いように、学業祈願
のお守りを買いに行った途中、トラックにひかれたそうだ。母の手の中には、
私の好きな赤の色のお守りが握ってあった。
私は、それを聞いたとき、涙が止まらなかった。声をだしてまで泣いてしまった。
そして、ごめんなさいと何回も何回も言った。
今でも、テスト期間になると胸が苦しくなる。ゴメンね。私頑張るから。心でそういった。最後に言わせて。
ごめんなさい。
ありがとうございました。

拍手[1回]

PR
泣ける話
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
泣き疲れた人はこちら
忍者ブログ[PR]