泣ける話。感動する話。号泣集。 忍者ブログ

カテゴリー
最新トラックバック
カウンター
最新コメント
[01/24 あ]
[12/07 ゆゆ]
[05/08 あんちゃん]
バーコード
涙を流す事はストレスを発散させます。 みなさん良い涙を沢山流して下さい。 泣ける話を集めてみました。 さぁ、どうぞ。
かぁちゃん頑張っています。
[216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206]

2019/12/09 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泣ける話

2011/06/01 (Wed)
私はたくさんの借金を抱えたまま妊娠した。
妊娠がわかった時は40歳だった。
赤ちゃんが産まれる時は41歳になる。
しかも結婚もしていなかった。
普通は妊娠がわかると「おめでとう」と言われることが、親や姉妹からは「どうするの?やっていけるの?」と言われた。
誰にも「おめでとう」と言われない妊娠だった。
それでも40歳での妊娠は、私にとっては最初で最後の母親になるチャンスだった。
どうしても産みたい・・・でも、産まれてくる赤ちゃんは幸せになれるだろうかと思う不安もいっばいだった。
今の生活が精一杯だった私は、月に一度行かなければいけない検診にもちゃんと行けず、2ヶ月に一回しか行かなかった。
保険がきかないからだった。
それでもお腹の中の赤ちゃんはすくすくと元気に育っていてくれた。
職場のみんなは、快く私を臨月まで働かせてくれた。
重いものなど持たないでいいようにと、いつも気遣ってくれていた。
それがとてもうれしかった。
仕事を休むと借金も払えないし、生活もしていけないからだった。
予定日より3日遅れて赤ちゃんは無事産まれてきてくれた。
元気な男の子だった。
出産後、私は4週間でまた仕事に復帰した。
首もすわらないうちから、保育所に預けた。
母乳をあげる機会もすぐに終わってしまった。
それでも仕事をしなければ、生活していけなかった。
出産したからといって、借金の支払いも待ってくれるわけではなかった。
知り合いから子どもの服のおさがりをもらったりして、ほとんど新品を着せてあげる事もできなかった。
日の半分は保育所で過ごし、家では一緒に夕食を食べ、お風呂に入り、寝るの生活の繰り返しの日々だった。
それでも、すくすくと元気に育ってくれた。
あれから、もうすぐ4年・・・まだ借金は残っている。
でも、息子も毎日元気に保育所に通っている。
保育所を嫌がらず、給食も何でも食べ、着るものに何の文句も言わない。
お友達が大好きなキャラクターの服を着てても「欲しい」とも言わない。
ほとんど、おもちゃも買ってあげられない。
本当に息子には悪いことをしていると思う。
それでも、何も言わないでいてくれる。
まだ何もわからない年齢かもしれないが、本当にいい子に育ってくれていると思う。
そんなあなたを産んで今、本当によかったと心から思っている。
借金が早くなくなり、息子のために少しずつ貯金ができる、そんな生活を夢見てがんばっていこうと思っている。
産まれてきてくれてありがとう。
こんなお母さんで、本当にごめんね。

拍手[2回]

PR
泣ける話
頑張るんだ!
辛い事があっても。
ガンバ 2011/06/02(Thu)12:33:34 編集

がんばれ!
がんばるお母さんは鏡になる。

がんばって。
NONAME 2011/09/06(Tue)21:44:27 編集

この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
泣き疲れた人はこちら
忍者ブログ[PR]