泣ける話。感動する話。号泣集。 忍者ブログ

カテゴリー
最新トラックバック
カウンター
最新コメント
[01/24 あ]
[12/07 ゆゆ]
[05/08 あんちゃん]
バーコード
涙を流す事はストレスを発散させます。 みなさん良い涙を沢山流して下さい。 泣ける話を集めてみました。 さぁ、どうぞ。
かぁちゃん頑張っています。
[19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9]

2019/12/13 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泣ける話

2010/03/15 (Mon)

俺の親父は建築関係の社長をしている。
有限会社で小さな会社だけど従業員は9人いて、
俺の町ではとても凄いことだと後々周りの人から聞いた。

親父はそこら辺の社長と違って、
自ら仕事場に出て誰よりも仕事をこなしていた。
でも俺はそんな親父が大嫌いだった…。

仕事から帰ってきては酒を飲み母ちゃんに暴力をふるい、
俺も殴り合いの喧嘩が毎日のように続いていた。
休みの日には家族とは全然話もせず、
酒ばっかり飲んで暴れていた。
友達の家に遊びに行くと友達は親父と仲良く喋っていた。
俺はその光景がめちゃめちゃ羨ましかった。
親父なんか死んでしまえばいいとか思った。

ある日親父の兄貴が突然息をひきとった。
そこで18年間見たことない親父の涙姿を見た。
親父はその日の夜大好きな酒を飲まなかった。
親父のそんな姿を見てなんも言えなかった。
自分が今では情けなく思える。

親父は兄貴を亡くして酒を全く飲まなくなった。
俺は親父の手伝いに行き始めて、
毎日親父の働く姿を見て、
めちゃめちゃかっこよく見えた。
従業員に指示を出しながら、
親父も仕事をバリバリしていた。

一年が経ち…
親父の兄貴の命日の夜。
親父と始めて酒を飲んだ。
酒を止めていたけどその日だけは
俺を誘っていろいろ語ってくれた。

俺が自分の部屋に行こうとしたら、
最後に親父が、
『父ちゃんなんで働いているかわかるか?
家族のためだ』
とあんまりわけのわからんことを言った。

その3日後…
親父は事故で天国に行ってしまった。

なんかわからんけどめちゃめちゃ悔しかった。
親父が最後に言った意味がやっとわかった。

それ以来…
俺の目標は、
【親父】

日々色んなことを勉強しながら頑張っている。

拍手[0回]

PR
泣ける話
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
泣き疲れた人はこちら
忍者ブログ[PR]