泣ける話。感動する話。号泣集。 忍者ブログ

カテゴリー
最新トラックバック
カウンター
最新コメント
[01/24 あ]
[12/07 ゆゆ]
[05/08 あんちゃん]
バーコード
涙を流す事はストレスを発散させます。 みなさん良い涙を沢山流して下さい。 泣ける話を集めてみました。 さぁ、どうぞ。
かぁちゃん頑張っています。
[12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2]

2019/12/11 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泣ける話

2010/03/07 (Sun)

妹が2歳半のとき微熱が続き病院に行ったときには白血病と診断…。
その日から母は毎日病院と家を往復する日々が続き、
大型連休で家族そろってレジャーに行く日なんてありません。
妹の面会が我が家の大型連休の消化日課でした。

「妹がいなければ遊びに行けたのに!」
当時は妹に憎しみさえ抱いたほどです。
でも両親が妹ばかり世話し愛情いっぱいあげてる姿に嫉妬したんでしょうね…。

その妹が亡くなって2年両親は脱け殻がとれたような静けさです。
私もですが。

99年の12月中旬妹が14歳のとき突然妹が、
『携帯電話が欲しい』
と言い出しました。
私がメールばかりしてたので欲しくなったんでしょうね。
もちろん大急ぎで買いに行きました。

そしてイヴの夜に携帯電話を渡し、
一緒にメールの送信方法も教えてやりました。

そして私が家に帰る頃には正午を過ぎてクリスマスを迎えた。
寒い夜になっていました。
寝ようとしたら妹からメールです。

『さっきはイヴだったけど今日はクリスマスだよ。
迷惑ばかりかけてごめんねお兄ちゃんありがとう』

これを見た途端母が息を切らして階段を上がり、
「病院にいくから支度しなさい!」
さっき別れたばかりなのにまた行くの?
なんで?
と思いました。

病院に行くとさっきまで元気だった妹が、
顔に白いクロスをかけられて亡くなっていました。

あとで看護師さんに聞いてわかったことなんですが、
携帯電話を強く握りしめて離すのに大変だったと…。
それを聞いて涙がいっぱいあふれました。

妹の携帯電話は解約しましたがいまでも遺影の横に、
そっと置いてあります。

妹は私にだけはきちんとお別れして逝きました 。
天国でも携帯電話が使えるといいなぁ…。

拍手[0回]

PR
泣ける話
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
泣き疲れた人はこちら
忍者ブログ[PR]