泣ける話。感動する話。号泣集。 忍者ブログ

カテゴリー
最新トラックバック
カウンター
最新コメント
[01/24 あ]
[12/07 ゆゆ]
[05/08 あんちゃん]
バーコード
涙を流す事はストレスを発散させます。 みなさん良い涙を沢山流して下さい。 泣ける話を集めてみました。 さぁ、どうぞ。
かぁちゃん頑張っています。
[11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]

2019/12/08 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泣ける話

2010/03/06 (Sat)

私には兄がいました。
3つ上の兄は妹想いの優しい兄でした。
そんな兄とドラクエ3を一緒にやってました。
私は見てただけなんですけどね。
勇者が兄で僧侶が私。
遊び人はペットの猫。
バランスの悪い3人パーティー。
でも兄はとっても強かった。
苦労しながらコツコツ進めたドラクエ3。
とても面白かった。
たしか砂漠でピラミッドがあった場所だったと思います。
とても強かったので大苦戦してました。

ある日兄が友達と野球をしに行くときに私に言いました。
『レベル上げだけやってていいよでも先には進めるなよ』
私はいつも見てるだけでよくわからなかったけど、
なんだかとても嬉しかったのを覚えています。

そしてその言葉が兄の最後の言葉になりました。
葬式の日父は兄の大事にしてたものを棺おけにいれようとしたのを覚えています。
お気に入りの服。
グローブ。
セイントクロス。
そしてドラクエ3。

でも私はドラクエ3を入れないでって言いました。
だって兄からレベル上げを頼まれていたから。

私はくる日もくる日も時間を見つけては砂漠でレベル上げをしてました。
ドラクエ3の中には兄が生きていたからです。
そしてなんとなく強くなったら、
ひょっこり兄が戻ってくると思っていたかもしれません

兄はとっても強くなりました。
とても強い魔法で全部倒してしまうのです。
それからしばらくしてドラクエ3の冒険の書が消えてしまいました。

その時初めて私は泣きました。
ずっとずっと母の近くで泣きました。
お兄ちゃんが死んだ…。

やっと実感できました。
今では前へ進むきっかけをくれた冒険の書が消えたことを感謝しています。

拍手[1回]

PR
泣ける話
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
泣き疲れた人はこちら
忍者ブログ[PR]