泣ける話。感動する話。号泣集。 忍者ブログ

カテゴリー
最新トラックバック
カウンター
最新コメント
[01/24 あ]
[12/07 ゆゆ]
[05/08 あんちゃん]
バーコード
涙を流す事はストレスを発散させます。 みなさん良い涙を沢山流して下さい。 泣ける話を集めてみました。 さぁ、どうぞ。
かぁちゃん頑張っています。
[34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24]

2019/12/16 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泣ける話

2010/04/12 (Mon)

一週間で体重が10キロ落ちる前の日私はあなたの死を告げられた。
あなたは私の上司だった。
新入社員時代から見ててくれた直属の上司。
あなたに怒られて声が出なくなったことがある。
電話でも怒られて途中できられたりしてた。
でも今では声すら聞けない…
(もうこなきゃいいのに…)
って思ったこともある。

でも本当にこなくなってこんなに寂しいとは思わなかった。
怒られた記憶ばかりだけどたった1回誉められたことがある。
そのたった1回が私に力をくれたのにその4ヶ月後あなたは自らの命を断った。
信じられなかった。
でも涙があふれて止まらなかった。
かかってくるはずのない電話。
くるはずがないのに…。
外を眺めたりの日々が続いた。
何を思って自分で逝ってしまったんだろう…。

葬式は家族のみで行われた。
四十九日が過ぎたころ私はあなたの実家に伺った。
絶対に泣かないと思っていたのに…。
でる涙もないと思っていたのに…。
私よりはるかに辛い家族の前で泣き崩れてしまった。
久々に見るあなたは写真でした。
ぽっちゃりしてたのに骨だけになってました。
もう怒られることもない。

『何しにきた!仕事はどうした!?
こんな所にくる暇があるなら
売り上げをのばすことを考えろ!
時間がもったいないだろう。
バカかお前は!』

いなくなったあなたは天国からもこう怒っているんだろうな…
私はこの日また思ったんです。
あなたに怒られてるような仕事をしていてはダメだと。
あなたからは多くのことを教えてもらった。
それを活かしていかなきゃ罰があたるって思ったんです。
私は今とても仕事を頑張っている。
その中で初めて思ったことがある。
【忘れないけど思いださない】
ってこと…。

あなたがいなくなった時期のことを思い出すと
その時の自分の状態が蘇ってきて辛くさせるから…
いつもあなたに頼っていたあたしを…
でも思い出さなくったっていつでもあなたは私の傍にいて怒ってくれてる気がする。

拍手[0回]

PR
泣ける話
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
泣き疲れた人はこちら
忍者ブログ[PR]