泣ける話。感動する話。号泣集。 忍者ブログ

カテゴリー
最新トラックバック
カウンター
最新コメント
[01/24 あ]
[12/07 ゆゆ]
[05/08 あんちゃん]
バーコード
涙を流す事はストレスを発散させます。 みなさん良い涙を沢山流して下さい。 泣ける話を集めてみました。 さぁ、どうぞ。
かぁちゃん頑張っています。
[39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29]

2019/12/08 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泣ける話

2010/04/19 (Mon)

数年前、不況で俺の勤めている会社がヤバくなり、リストラされた。
すぐに再就職できると思っていたが、なかなか見つからず仕方なく
親戚が支配人をやっているファミレスに3ヶ月ほどバイトすることになった。

その時、たくさんの家族連れやカップルを見てきたが子供の世話って
どの家族連れも母親がするもんなんだな。
温かい食事を持っていっても嫁さんは子供に食べさせたりして温かかった皿はどんどん冷めていく。
逆に旦那は子供が何しようが嫁さんの飯が冷めようがお構いなしに自分の分をたいらげていく。
旦那は食べ終わると子供の世話をする人もいればそのまま新聞なんかを読み出す人もいる。
どっちにせよ温かい食事を食べる嫁さんというのは結構少ない。
多分家でもこうなんだろうな。
もし俺に子供が生まれて外で食事をする時は俺も面倒みてやろう。
嫁さんに温かい食事を食べさせてやろうそう思った…。

それからしばらくして俺は前より給料は安いものの、
それなりに待遇の良い会社へ再就職した。
そして子供にも恵まれた。

ファミレスに家族で食べに行った時子供の世話をする嫁さんと
その皿を見てふと思い出した。
(あぁ俺、あの時の旦那と同じことしてるな)と…。

『俺が面倒みるからお前、先に食えよ』

そういうと嫁さんは驚いた顔をした。
家にいても滅多に子供の面倒をみることもないから。
嫁さんは
『悪いから……』
と言ったが
『いいから、ほら』
と嫁の手から娘用のスプーンを取り娘に食べさせた。

嫁はいつもより早口で食事をし、俺と交替した俺の手からスプーンを受けとるとき

『ありがとう……
本当にありがとね』
と何故か涙ぐんでいた。

俺の皿には冷めた料理がのっていたがそれでもとても美味しく感じた。

拍手[0回]

PR
泣ける話
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
泣き疲れた人はこちら
忍者ブログ[PR]