泣ける話。感動する話。号泣集。 忍者ブログ

カテゴリー
最新トラックバック
カウンター
最新コメント
[01/24 あ]
[12/07 ゆゆ]
[05/08 あんちゃん]
バーコード
涙を流す事はストレスを発散させます。 みなさん良い涙を沢山流して下さい。 泣ける話を集めてみました。 さぁ、どうぞ。
かぁちゃん頑張っています。
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23]

2019/12/09 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泣ける話

2010/04/09 (Fri)

そろそろおばあちゃんが他界しそうです…
年内中だそうです。
この前お見舞いに行きました。
イマイチ実感がわかなかった。
もうすぐお別れなんて考えられなかった。

弱々しく病院のベッドで寝ているおばあちゃん。
私の目の前に今いるのにもうすぐお別れなんて分からなかった。
喋るのも辛そうなおばあちゃんは小さな目で私をじっと見ていた。
心なしか目が潤んでいるように見えた。
手を握ってみたもの凄くガリガリでしわしわ。
握っても握り返すことは出来ないらしい。
でも妙に暖かかった。
おばあちゃんの体温を感じで私も目が潤んだ。
その時初めて実感できた。
この暖かい手に触れる事が出来なくなる悲しみ。
もう笑顔も見られない。
死なないでほしい。

ずっと、
ずっと生きててほしい。
帰ろうとすると入れ歯がない口でゆっくりと『いやだ』と言っていた…。
『これが最後になるかもしれないのに』とも。

おばあちゃんは手を離さないようにしていた。
でも弱々しすぎてすぐに振りほどける。
出来ることならずっと握っててあげたかった。

夜中、病院で1人死を待つおばあちゃんの傍にいてあげたかった。
涙をこらえて
『またね』
と言った。

今回が多分私にとって初めて人の死を悲しむ瞬間になるだろう。
夜の電話に私は怯え続けている。
ずっと一緒に居てほしかった…。
せめてずっとおばあちゃんの手を握っていたい。

そう思う。

拍手[0回]

PR
泣ける話
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
泣き疲れた人はこちら
忍者ブログ[PR]