泣ける話。感動する話。号泣集。 忍者ブログ

カテゴリー
最新トラックバック
カウンター
最新コメント
[01/24 あ]
[12/07 ゆゆ]
[05/08 あんちゃん]
バーコード
涙を流す事はストレスを発散させます。 みなさん良い涙を沢山流して下さい。 泣ける話を集めてみました。 さぁ、どうぞ。
かぁちゃん頑張っています。
[236] [235] [234] [233] [232] [231] [230] [229] [228] [227] [226]

2019/12/08 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泣ける話

2011/06/29 (Wed)
俺は柔道をやっていた。
そのせいもあって腰痛もちだ。

電車で15分。
ビルの5階にその鍼灸院はあった。
ばぁちゃんがよく通院するところで、俺の腰痛が良くならないから行ってみた。
針とお灸で治療してもらって、驚くほど綺麗に痛みが無くなった。

家族との会話でこのことを話すと、盛り上がり、疲れが溜まるたびに通院した。
親父の母さんが通ってたから親父は先生と結構仲良くやってた。

ある日、先生と連絡が途絶えた。
電話すると・・・
「自転車で転けて検査入院することになりました。」と言われた。

3日後、先生は鍼灸院に戻っていつも通り治療していた。
元気そうな笑顔を見て安心した。

そして、月日は流れ・・・

俺は柔道を引退した。
鍼灸院に通うことはめっきり減った。
家族は通ってるから先生のコトは小耳にも入る。
元気そうにしてるんだと思っていた。


3ヵ月後、親父が飲み会に行って帰ってきた時に家族を集合させた。
めんどくさいと思いながらもリビングに集まる。

トイレから出てきた親父は泣いてた。
10年ぶりくらいに見る泣き顔。
俺はひぃばぁちゃんが逝ったと思った。

鍼灸院の先生が死んだ。という話を聞かされた。

先生は肺ガンだった。
自転車で転けたのは嘘だった。
俺が通院しない間もちょくちょく休んでたらしい。
先生は予約を入れてる人のために抜け出してまで治療していたことを知った。

64歳で死んでしまった。
最後に話したのは2年前だ。

他人との約束のために自分を捨てた先生。自分の苦しみより他人の苦しみを優先した先生。

線香をあげに行った時に見た遺影は先生と出会ったあの日の笑顔だった。


天国で元気にしてますか。
天国では自分のために行動して下さい。


先生が残したものは受け継がれていきます。
先生は忘れられることのない存在です。


次出会った時も笑顔見せて下さい。
俺との約束です。

拍手[1回]

PR
泣ける話
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
泣き疲れた人はこちら
忍者ブログ[PR]