泣ける話。感動する話。号泣集。 忍者ブログ

カテゴリー
最新トラックバック
カウンター
最新コメント
[01/24 あ]
[12/07 ゆゆ]
[05/08 あんちゃん]
バーコード
涙を流す事はストレスを発散させます。 みなさん良い涙を沢山流して下さい。 泣ける話を集めてみました。 さぁ、どうぞ。
かぁちゃん頑張っています。
[45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35]

2019/12/08 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泣ける話

2010/04/29 (Thu)

教室に行くと座席表が書いてあった。
私の席は廊下側の前から二番目。
彼は窓側の一番後ろの席。
離れてしまった。
でも同じクラスでホントによかった。

クラスに馴染んできた頃私と彼は一緒に帰った。
一言も話した事がないもちろん帰りも。
全然話さなかった。
その日メールで
『話せなくてゴメン』
ってきた。

私は
『ううん、私もだから』
と返した。

私と彼は帰れる日は一緒に帰った。
少し話せるようになった。
でも私と彼は学校では話さなかった。
それから彼が学校に来る日が少なくなっていった。
誰に聞いても理由はわからなかった。
でも毎日メールをした。
理由を聞いても
『風邪』しか言わなかった。
ある日、彼の友達が私に言った。
『あいつ、ガンで入院してるよ』

私は泣いた。
声を上げて泣いた。
悲しかったからじゃない。
私に本当の事を言ってくれなかったから。
お見舞いに行こうと思ったでも彼は私に会いたくないと言った。
ガンの抗がん剤の副作用で髪の毛が抜け私に見られたくないらしい。
それでも私は毎日メールをした。
時々返ってこなかった。
返ってきても
『死にたい』『辛い』
などしか言わなかった。
私はこの時彼に何もしてあげられなかった。
ただ学校で起きた1日を彼に送り続けた。
そして彼がよくなることを願った。

文化祭の日私は楽しめずにただボーッとしていた。
━━━……
誰かが私を呼ぶ声がした。
後ろを振り返ると車椅子に乗った彼がいた。
私は彼のところへ走った泣きそうになったが
『お前が泣くと俺も泣きそうになるから泣くな!』
と彼が言ってくれた。

学校で話したことのない彼がみんなの前で私に話しかけてくれた。
初めてのことだった。
だけど文化祭の日で彼に会ったのが最後になった。
私は文化祭の日から彼とメールができなくなっていた。
1週間経っても……
2週間経っても……

ある日先生が言った。
『文化祭が終わってから4日後に亡くなった』
初めて知った。
ちょっと具合が悪くなったと私達は聞いていた。
周りの友達は泣いていた。
私は涙が出なかった。
ワケがわからなかった。

家に帰ったら一通の手紙が来ていた。
消印は文化祭の次の日。
母に問い詰めた。
母は言った。
『今日届いたのよ…』
私は手紙を握りしめて自分の部屋へ走った。
ベッドの上に座り手紙を読んだ。

『マミへ
この手紙は文化祭が終わって3週間後に届けられるようにしてあるんだ。
これを読んでる時は俺はもうマミの側にはいないかな……。
マミにはたくさん謝んなきゃいけないことがある。
学校でしゃべれなかったし帰ってるときも話せなかった。
恥ずかしかったんだ。
言い訳だけど……
文化祭の日。
マミに会えて嬉しかった。
かわいくなった?笑
マミは俺に会わなかったほうがよかっただろう。
俺、変わってたべ?
今、俺はすごく怖い。
いつ死ぬかわからない。
でもコレだけは言っておく。
マミ…好きだよ。
俺を忘れていい恋して下さい』

涙が溢れてきた。
そして止まらなくなった。
封筒にはもう一枚紙が入っていた。
そこには
【泣くな】
と書いてあった。

それから数日私は泣いて過ごした。
彼の事が忘れられなかった。

中学3年になった今私は教室に入ると笑顔で
『おはよう』って言う。
彼がいるのを期待して学校へ通っている。
文化祭の日は絶対彼の姿を探す。
後ろを振り返ると彼がぎこちなく笑って顔を赤らめて
『マミ…』
と呼んでくれてる気がする。

今、私は彼が行きたがっていた高校を受験しようと思っています。

拍手[13回]

PR
泣ける話
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
泣き疲れた人はこちら
忍者ブログ[PR]