泣ける話。感動する話。号泣集。 忍者ブログ

カテゴリー
最新トラックバック
カウンター
最新コメント
[01/24 あ]
[12/07 ゆゆ]
[05/08 あんちゃん]
バーコード
涙を流す事はストレスを発散させます。 みなさん良い涙を沢山流して下さい。 泣ける話を集めてみました。 さぁ、どうぞ。
かぁちゃん頑張っています。
[126] [125] [124] [123] [122] [121] [120] [119] [118] [117] [116]

2019/12/09 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泣ける話

2010/11/29 (Mon)
弱音を吐く姿なんか見た事ないうちのじいちゃんとばあちゃん。じいちゃんが癌で入院して、ばあちゃんは毎日病院に行ってた。私はお見舞いのために久々に実家に戻った。病室で見たじいちゃんは見違えるほど痩せて言葉も出せない程だった。もうじきGWになる時だった。じいちゃんに「おし!このまま家帰るか!」といつも冗談ばかり飛ばすお父さんが笑いながら言った。すると「うん。帰りたか~…」と初めて素直に返事を返したじいちゃん。その瞬間、お父さんは眼鏡をはずし後ろを向いて泣いていた。
ばあちゃんは立上がり、じいちゃんが「痛い…」と言うのに力強く足をさすっていた。「あんたがはよぅ治るように一生懸命しよっとたい」と怒り口調で言い、あまり滞在せずに出て行った。ばあちゃんはこれが普通で、私もばあちゃんは薄情だと思っていた。余命より何ヵ月も長く生きたじいちゃんは寒くなった時期に亡くなった…
お葬式、親族が集まり誰もが泣き、今もじいちゃんがここにいるかのように話は尽きなかった…その中、もちろんばあちゃんときたら涙ひとつ見せずたんたんとしていた…
火葬場に行き、スイッチをばあちゃんが押す事になった。スイッチを押したその瞬間、ばあちゃんはしゃがみ込み泣き崩れた…
寂しさを強がりで埋めていたばあちゃん。
一番辛かったのはばあちゃんだった。病室でも葬式でも…ばあちゃんのあの寂しさの重さは私なんかには分かり知れないものだろう…

拍手[0回]

PR
泣ける話
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
泣き疲れた人はこちら
忍者ブログ[PR]