泣ける話。感動する話。号泣集。 忍者ブログ

カテゴリー
最新トラックバック
カウンター
最新コメント
[01/24 あ]
[12/07 ゆゆ]
[05/08 あんちゃん]
バーコード
涙を流す事はストレスを発散させます。 みなさん良い涙を沢山流して下さい。 泣ける話を集めてみました。 さぁ、どうぞ。
かぁちゃん頑張っています。
[119] [118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109]

2019/12/08 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泣ける話

2010/11/19 (Fri)
中2の12月、私はあることがきっかけで不登校なった。
それを母がひいばあちゃんに相談した。2人だけ私が学校に行ってないことを知ってい
た。

学校に行けなくなって半年、ひいばあちゃんが足の手術と心臓の検査の為、入院した。私
は2日に1回くらいのペ-スで病院に通い、小さな背中を拭いてあげた。

2ヶ月弱で退院して、元気になった。笑顔だったから、元気に見えただけかもしれない。
退院後すぐ、ひいばあちゃんが田舎にある親戚の家に住む事が決まり、新幹線の見送りに
東京駅に向かった。何故か泣いてしまった。もう会えないような気がしたから…。

私が不登校になってちょうど1年たったとき、ひいばあちゃんが亡くなったと言う連絡が
届いた。死因は大動脈りゅう破裂。即死だったらしい。聞いた瞬間涙が出なかった。ぽっ
かり穴があいたように、ただぼ-っとしていた。
遺体をみた時も、お葬式のときも涙が出なかった。

ひいばあちゃんが死んで5ヶ月後、高校に入学した。偏差値の低いバカ学校だけど、それ
でも入学出来た。
ひいばあちゃんが1年前に言ってた言葉をひとつずつ思い出した。

「このままじゃニ-トになっちゃうよ」
「ママを苦しめちゃだめだよ」
「高校合格したらお祝いしてあげるからね」

後悔した。なんで生きてる間に学校行ってなかったんだろう?ひいばあちゃんは、私の心
配だけじゃなくて母の事も心配してた。母と喧嘩したとき、一番に側にいてくれたのは、
ひいばあちゃんだった。
私は何も恩を返してない…。

今声が届くなら、ちゃんと言ってあげたいな。「学校行けるようになったよ!」「高校合
格したよ!」って。

拍手[7回]

PR
泣ける話
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
泣き疲れた人はこちら
忍者ブログ[PR]