泣ける話。感動する話。号泣集。 忍者ブログ

カテゴリー
最新トラックバック
カウンター
最新コメント
[01/24 あ]
[12/07 ゆゆ]
[05/08 あんちゃん]
バーコード
涙を流す事はストレスを発散させます。 みなさん良い涙を沢山流して下さい。 泣ける話を集めてみました。 さぁ、どうぞ。
かぁちゃん頑張っています。
[427] [426] [425] [424] [423] [422] [421] [420] [419] [418] [417]

2019/12/08 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泣ける話

2012/11/13 (Tue)
俺自身が味わった不幸や悲しみとかでないのでなんだか微妙にスレ違いかもしれないがどうしても吐き出したかったのでさせていただく。
 
半年前、友達の薦めで某チェーン店の美容院に行ったの。
外観も接客も明るい雰囲気でとても良い感じだった。
ふと車椅子で深く帽子をかぶった女の子(おそらく12.3)が連れの人と一緒に来店した。
飛び込みだったらしく、しばらく待たされたあと彼女は店内に案内され、何人かの美容師達の手によって椅子に映ったところまでは良かったのだが。
 
帽子を外すと、そこには薬か何かの影響なのか、パサパサの髪に、ところどころ抜けてしまってとてもカットやカラーができるような頭じゃなかった。
その場の空気も一瞬凍ったと思う。
そして奇異の目を向けてしまったかもしれないそのときの俺にはほんとアホ、としか言いようがないのだが。
 
彼女自身、なんだかつらそうな顔をしていて、どうやら連れの女の人(母親という感じじゃなかった。看護婦?)が半ば強引に連れてきた感じらしい。
そうしたら奥の方から年配の男性(40くらいかな)が出てきたのね。
その人がやたら陽気で、ガハガハ笑うような、ほんとに美容師なのか、と問いただしたくなるようなオッサン。
 
で、オッサンが女の子に
「絶対きれいにするから、ばっさり切っちゃってもいいかな?」
と聞いたの。
 
俺は内心、髪の毛抜けちゃったりして傷ついてるみたいなんだからそんなに切ったら良くないんじゃないか、なんて思っていた。
もう、自分の頭よりもそっちが気になっちゃってしょうがなかったんだけど(俺はパーマだったんでしばらく時間がかかったので)
 
 
そりゃあもう、出来上がりには驚いた。
ものすごいショートにして、その毛先もなんだかクルクルして俺が書くとなんだかおばさんの髪型か、と想像されちゃうかもしれないけど、なんていうか、雑誌とかでよく見るモデルみたいな髪型で。
パーマもカラー剤も使ってないのに大変身だったの。
もうぜんぜん前と違うの。
 
で、なにより違ったのはその子の表情なわけ。
仕上がりをみてものすごいにこにこしちゃって。
ちょっとやせてたけどすごい可愛い子だったってのがわかった。
最初はあんなに無口だったのにもうオッサンのバカみたいなしゃべりにいちいち大笑いしててさ。
もうその美容院の中がほんわかムードだよ。
美容師ってホントすごいな、と思った。
一緒についてきてた人もすごい感謝していて。
俺もその日はなんだかとてもいい気分で、いい美容院を見つけたとおもいながら帰ったんだけど。
 
 
先週またその美容院に行ったのね。
その日の施術もとどこおり無く終わって、さあ支払いだと言うときに、この美容院次回の予約ができるのでそれをしようとしたの。
そうすると顧客ファイルみたいなのを開いてチェックするんだけど。
俺の後がその例の女の子のファイルだったわけ。
その子があのあと毎月予約をしてはキャンセルしていたらしい印の後と(時間が記入されてはバッテンがついていた)
 
俺の行った日の三日くらい前の日からずーっと黒い太い線が引かれていたのを見たときに(それも、誰かが悲しくて書き殴ったかのような線で)急に不安な気持ちになった。
普通、美容院変えるとしても連絡なんてしないし、もう行きませんなんてわざわざ伝えるなんてしない。
ああ、これは、とちょっと悟ってしまった。
 
俺の勘違いで、引っ越しだとかなんかそういう理由でこれなくなったんだと思いたいけど、そのオッサンが黒いスーツパンツで仕事をしてるのを見てしまった。
あのときの表情とか笑い声とかすごいフラッシュバックして帰り道に号泣してしまった。

拍手[16回]

PR
泣ける話
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:


カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
泣き疲れた人はこちら
忍者ブログ[PR]