泣ける話。感動する話。号泣集。 忍者ブログ

カテゴリー
最新トラックバック
カウンター
最新コメント
[01/24 あ]
[12/07 ゆゆ]
[05/08 あんちゃん]
バーコード
涙を流す事はストレスを発散させます。 みなさん良い涙を沢山流して下さい。 泣ける話を集めてみました。 さぁ、どうぞ。
かぁちゃん頑張っています。
[312] [311] [310] [309] [308] [307] [306] [305] [304] [303] [302]

2019/12/09 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泣ける話

2011/11/08 (Tue)
ひいおじいさん

天国でひいおばあさんと仲良くモモ達を見守ってくれていますか?

ひいおじいさんは家で住むには大変だからずーっと老人ホームにいたね

たまに会いに行くと、「もう、誰か分がんねぇじゃ」
ってよく言ってたね
実はショックだったんだ…


ひいおじいさんとの思い出は小さかったからあまり覚えてないけど、いくつか印象に残ってりのがあるんだ



モモがまだ保育園位の時

冬の朝、起きて一階の居間に行くと、いつもストーブの前にひいおじいさんがいた

そのひいおじいさんの膝に座って温まるのが大好きだった

よく姉と取り合いっこしてたなぁ…


ひいおじいさんはいつも優しかったなぁ

老人ホームからいつもお菓子を貰って来てくれてた
凄く嬉しかったよ



モモが大きくなるに連れ、ひいおじいさんのボケが酷くなっていったね…

だから1日に何回も何回も同じ事を聞いてきた

しつこくて酷いこと多分いっぱい言っちゃったと思う

ホントにゴメンネ




2010年6月にひいおじいさんはひいおばあさんがいる天国に100歳で行っちゃった…

ずっと老人ホームにいたから死んだって実感が全く無く
お盆の時やお正月には帰って来るんじゃないかって思っちゃう…



ひいおじいさんの遺影を見ると、あぁもういないんだって実感する




最後にこれだけは言いたい

ひいおじいさん
小さい時に酷いことたくさん言ってごめんなさい

そして我が家を守ってくれてありがとう

拍手[0回]

PR
泣ける話
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
泣き疲れた人はこちら
忍者ブログ[PR]